チョーキング

チョーキング

チョーキングとは塗装表面を手で触れたときに、白い粉が付着する現象です。
劣化の初期症状で早急な対処の必要はありませんが、そろそろ塗り替えを視野に入れておきましょう。


カビ・コケ

カビ・コケ

カビやコケの発生は、その箇所が湿気を帯びていることを示しています。
つまり塗装の防水性が失われているということなのでご注意ください。塗り替えを行えば防水性や防カビ性などの機能を、常に最適な状態に保つことができます。


ひび割れ

ひび割れ

塗装がひび割れると下地がむき出しになり、水分等によりダメージを受けてしまいます。
被害が進むと塗装だけでは済まなくなりますので、お早めに塗り替えをおすすめ致します。


剝がれ・膨れ

剝がれ・膨れ

塗装の劣化がかなり進行してくると、剝がれや膨れなどの症状が出てきます。
また、前回の塗装工事の際に湿気を含んでしまった、下地処理が適切でなかった等によりおこる症状です。塗料の耐用年数にとらわれず定期的なチェックを。


​金属製の建材が使用されている場合、経年劣化によって錆が発生します。錆は少しだからと放置しておくと、広く深く侵食するため要注意です。弊社が防錆処理を含めた適切な塗装工事で、お住まいの安心と安全を約束致します。


亀裂

亀裂

​塗装劣化により建材がダメージを受け、外壁などに亀裂が入ってしまった状態です。
亀裂から内部に水分が侵入し、最悪のケースでは構造体まで腐食させてしまうこともあります。万が一亀裂を見つけたら、純心塗装にお問い合わせください。


以下のページもご覧ください。

会社案内

純心塗装